2014年02月08日

2013年12月15日

レビュー:『ココ・アヴァン・シャネル』/ 映画

題名:ココ・アヴァン・シャネル
原題:Coco avant Chanel
製作:キャロル・スコッタ
カロリーヌ・ベンジョー
フィリップ・カルカソンヌ
シモン・アルナル
監督:アンヌ・フォンテーヌ
脚本:アンヌ・フォンテーヌ
カミーユ・フォンテーヌ
音楽:アレクサンドル・デプラ
出演:オドレイ・トトゥ (ココ・シャネル)
ブノワ・ポールヴールド (エティエンヌ・バルザン)
アレッサンドロ・ニヴォラ (ボーイ・カペル)
マリー・ジラン (アドリエンヌ・シャネル)
エマニュエル・ドゥヴォス (エミリエンヌ・ダランソン)
公開:2009年4月22日
製作国:フランス
評価:★★★★★

若いころのシャネルと友達になれたら面白かっただろうな。
独創的で才気と自信に溢れ、貪欲に成功を目指す。
スリリングな人物。

映画で描かれた時代 (1900年初頭) のフランスの富豪の、享楽的で華やかで、どことなくのどかな雰囲気が魅力的。
オドレイのココも素晴らしい。

posted by K/I at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

レビュー:『蜘蛛巣城』/ 映画

題名:蜘蛛巣城
製作:黒澤明
本木荘二郎
監督:黒澤明
脚本:小国英雄
橋本忍
菊島隆三
黒澤明
音楽:佐藤勝
出演:三船敏郎 (鷲津武時)
山田五十鈴 (鷲津浅茅)
志村喬 (小田倉則保)
久保明 (三木義照)
太刀川洋一 (都築国丸)
千秋実 (三木義明)
佐々木孝丸 (都築国春)
清水元 (鷲津の郎党A)
高堂国典 (武将A)
上田吉二郎 (鷲津の親兵A)
三好栄子 (老女)
浪花千栄子 (物の怪の妖婆)
富田仲次郎 (武将B)
藤木悠 (鷲津の郎党B)
堺左千夫 (鷲津の親兵B)
大友伸 (鷲津の郎党C)
土屋嘉男 (鷲津の郎党D、伝令、騎馬の伝令) ※三役
稲葉義男 (武将C)
笈川武夫 (三木の郎党A)
谷晃 (鷲津の親兵C)
沢村いき雄 (鷲津の親兵D)
佐田豊 (鷲津の郎党E)
恩田清二郎 (三木の郎党B)
高木新平 (武将D)
増田正雄 (武将E)
浅野光雄 (鷲津の郎党F)
井上昭文 (都築の使武者A)
小池朝雄 (都築の使武者B)
加藤武 (都築警護の武士A)
高木均 (都築警護の武士B)
樋口廸也 (都築警護の武士C)
大村千吉 (鷲津の親兵E)
櫻井巨郎 (都築の使武者C)
土屋詩朗 (武将F)
松下猛夫 (武将G)
大友純 (武将H)
坪野鎌之 (都築の使武者D)
大橋史典 (先ぶれの武者)
木村功(特別出演) (幻の武者A)
宮口精二(特別出演) (幻の武者B)
中村伸郎(特別出演) (幻の武者C)
公開:1957年1月15日
製作:日本
評価:★★★★☆

豪傑鷲津武時が、蜘蛛手の森で出会った物の怪の妖婆の予言におびえ、妻の浅茅に振り回され、身を滅ぼしていく。

予言どおりに事が進むのだからある意味ネタバレ状態で話が進むわけだけれど、それでも期待以上の映像を見せてくれるところ、やはり只者でない。
レビューリスト: 黒澤明
前作:生きものの記録
次作:どん底

posted by K/I at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

レビュー:『許されざる者』/ 映画

題名:許されざる者
原題:Unforgiven
製作:クリント・イーストウッド
監督:クリント・イーストウッド
脚本:デイヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
音楽:レニー・ニーハウス
出演:クリント・イーストウッド (ウィリアム・マニー)
ジーン・ハックマン (リトル・ビル・ダゲット (保安官))
モーガン・フリーマン (ネッド・ローガン (ウィルの旧友))
リチャード・ハリス (イングリッシュ・ボブ (賞金稼ぎ))
ジェームズ・ウールヴェット (スコフィールド・キッド (ウィルに懸賞金の話を持ち掛ける))
ソウル・ルビネック (W・W・ブーシャンプ (伝記作家))
フランシス・フィッシャー (ストロベリー・アリス (売春婦))
アンナ・トムソン (ディライラ・フィッツジェラルド (顔を切られた売春婦))
公開:1992年8月7日
製作国:アメリカ合衆国
評価:★★★★★

ただただ、カッコいい。
僕はこの映画でクリント・イーストウッドを知り、彼の大ファンになりました。

久しぶりに観返してみて、記憶とずいぶん違っていることにびっくり。
あれだけ衝撃を受けた作品だったのに、そんなものかな。

西部劇をリアリズムで描いている。
悪党をバタバタ打倒していくヒーロー的ガンマンなんてもう昔の話。
「伝説」として語られているだけ。
当人たちももはや昔の雄姿など見る影もなく、無様に豚を追いかけて泥まみれになっていたり、インディアン娘と結婚してつましく暮らしていたりする。
そんな彼らが、若造に誘われて賞金首目当てに繰り出していく。
傍目には滑稽にすら映るが、ただたた悲壮感漂う3人連れ。
こんな状況で賞金を手に入れることができるのか?と不安にまじりにわれわれ観客は見守るという映画。。。

posted by K/I at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

レビュー:『サイボーグでも大丈夫』/ 映画

題名:サイボーグでも大丈夫
原題:싸이보그지만 괜찮아
製作:パク・チャヌク
イ・チュニョン
監督:パク・チャヌク
脚本:パク・チャヌク
チョン・ソギョン
音楽: チョ・ヨンウク
出演:イム・スジョン (チャ・ヨングン)
RAIN (パク・イルスン)
チェ・ヒジン
イ・ヨンニョ
キム・ビョンオク
公開:2006年12月7日
製作国:韓国
評価:★★★★☆

さすが、パク・チャヌク。
不思議ストーリーをうまーくまとめている。
サイボーグの女の子が、かわいいのだかかわいくないのだか、よくわからないところがけっこうよかったりもする。

posted by K/I at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

レビュー:『座頭市物語』/ 映画

題名:座頭市物語
監督:三隅研次
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
音楽:伊福部昭
出演:勝新太郎 (座頭市)
天知茂 (平手造酒)
万里昌代 (おたね)
島田竜三 (笹川繁造)
真城千都世 (半次の女房・お芳)
柳永二郎 (飯岡助五郎)
三田村元 (松岸の半次)
毛利郁子 (繁造の女房・お豊)
南道郎 (飯岡の乾分・蓼吉 (おたねの兄))
公開:1962年4月18日
製作国:日本
評価:★★★★★

ひどく久しぶりに観たのだけれど、こんなに面白かったか!
いやぁ、満喫した。

座頭市という人物、やくざ者で盲目者、どちらをとっても世間からのあぶれ者。
仕込み杖の居合抜きは天下一品で、金には意地汚い。
ダーティーなヒーロー像として、文句なしにおもしろい。

周辺の人物も豊富でおもしろい。
中でもやはり、争い相手のやくざのおかかえ剣士の平手造酒。
座頭市と友情を交わしながらも、最後には剣でしか対話ができない武士の悲しさが泣ける。

タコ部屋でのいかさま(?)博打や、居合切りなど、スカッとする場面が随所にあり、筋がわかっていてもついつい何度も観てしまう。

ところで、予告編の映像が本編とまったく違うのがおもしろい。
こんなシーンを予定していたのだね。。。

posted by K/I at 22:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

レビュー: ラーメンズ『第15回公演「アリス」』/ コント

題名:第15回公演「アリス」
音楽:徳澤青弦
衣裳:若林ケイジ/小島謙一(nought)/伊賀大介
演目:・モーフィング
・後藤を待ちながら
・風と桶に関する幾つかの考察
・バニー部
・甲殻類のワルツ
・イモムシ
・不思議の国のニポン
公演日程:
東京公演2005.01.18(火)-01.30(日)本多劇場
札幌公演02.04(金)-02.06(日)道新ホール
神戸公演02.10(木)-02.13(日)新神戸オリエンタル劇場
福岡公演02.17(木)-02.20(日)西鉄ホール
新潟公演02.28(月)-03.01(火)長岡リリックホール・シアター
仙台公演03.08(火)-03.09(水)仙台市青.文化センター・シアターホール
盛岡公演03.10(木)-03.11(金)盛岡劇場メインホール
長崎公演03.18(金)-03.19(土)長崎チトセピアホール
松山公演03.21(月)松山市民会館・中ホール
名古屋公演03.30(水)-04.01(金)名古屋市芸術創造センター
京都公演04.03(日)-04.04(月)京都府立文化芸術会館
東京公演04.11(月)-04.24(日)本多劇場
評価:★★★★☆

前回の「STUDY」からやや間を空けての公演。
以前のネタの流用はあるものの、緻密な脚本、堅実な演技は相変わらず。
「不思議の国のニポン」は特に冴えてる!
セメントの犬って、シーサーのことだよね(?)

posted by K/I at 10:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

レビュー『レザボア・ドッグス』/ 映画

題名:レザボア・ドッグス
原題:Reservoir Dogs
製作:ローレンス・ベンダー
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
音楽:カリン・ラクトマン
主題歌:ジョージ・ベイカー「リトル・グリーン・バッグ」
出演:ハーヴェイ・カイテル (ミスター・ホワイト (ラリー・ディミック))
ティム・ロス (ミスター・オレンジ (フレディ・ニューエンダイク))
マイケル・マドセン (ミスター・ブロンド (ヴィック・ベガ))
スティーヴ・ブシェミ (ミスター・ピンク)
ローレンス・ティアニー (ジョー・キャボット (ボス))
クリス・ペン (ナイスガイ・エディ・キャボット (ジョーの息子))
カーク・バルツ (マーヴィン・ナッシュ (捕らわれた警官))
エディ・バンカー (ミスター・ブルー)
クエンティン・タランティーノ (ミスター・ブラウン)
スティーブン・ライト (DJ K-ビリー)
ローレンス・ベンダー (ミスター・ピンクを追う警官)
公開:1992年10月23日
製作国:アメリカ合衆国
評価:★★★★☆

Podcast番組『旅と映画のマイライフ』の「【第023回】 レザボア・ドッグス / Reservoir Dogs」の回を聴いて観てみたくなった。

もっとフザけた感じかと思ったが、意外とみんな必死。
そりゃそうだよな。
計画が失敗して逃走したわけだし、だれがイヌなのかの探り合いだし、いつ警官が乗り込んでくるかわからないのだし。

作りはかなりシンプル。ジャスト・アイディア。
未公開シーンから推測すると、どんどん無駄をそぎ落としていった結果かと。
登場人物はそれぞれ個性的、それを演じる役者もうまい。
インタビューでタランティーノが、「僕が撮影の仕方を間違ったとしても 良い作品になった。何をやっても失敗するはずがない」と語るのも頷ける。

posted by K/I at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

レビュー『かもめ食堂』/映画

題名:かもめ食堂
製作:かもめ商会
監督:荻上直子
脚本:荻上直子
音楽:近藤達郎
出演:小林聡美 (サチエ)
片桐はいり (ミドリ)
もたいまさこ (マサコ)
ヤルッコ・ニエミ (トンミ・ヒルトネン)
マルック・ペルトラ (マッティ)
公開:2006年3月11日
製作国:日本、フィンランド
評価:★★★☆☆

なんとなく映像のテンポに乗り切れず、小林聡美のドヤ顔を苦々しく感じたりもして、じゅうぶんには楽しめなかった。

悪い出来ではないと思うし、満席になった光景は感動的だった。
ささやかだけれど、たっぷりとした感動。

プラス・マイナス両方あり、★3つ。

posted by K/I at 14:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

レビュー:『Hadoop徹底入門』/ 本

タイトル:Hadoop徹底入門
サブタイトル:オープンソース分散処理環境の構築
著者:太田 一樹
下垣 徹
山下 真一
猿田 浩輔
藤井 達朗
出版社:翔泳社
寸法:23 x 18.6 x 3.2 cm
出版年月日:2011年1月28日
評価:★★★★☆


よくまとまっていてわかりやすい。
Hadoopがどんなものかぼんやりしていたし、設定がうまくいかず困っていたが、この一冊でかなり進んだ。

posted by K/I at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。