2013年02月16日

レビュー:『ねじとねじ回し』/ 本

タイトル:ねじとねじ回し
サブタイトル:この千年で最高の発明をめぐる物語
原題:One Good Turn: A Natural History of the Screwdriver and the Screw
著者:ヴィトルト リプチンスキ
出版社:早川書房
シリーズ名:ハヤカワ文庫NF
寸法:18.2 x 12.8 x 1.6 cm
出版年月日:2010年5月30日 (原著: 2000年刊)
評価:★★★☆☆

ネジ山をきれいに刻めるようになるまでけっこう大変だったらしい。
確かに、工具も何も無い時代にいきなりあの形状を作れといわれてもすぐに方法思いつかないな。

それと、ボタンとボタン穴。
一見単純だけれど大きな発明だったという指摘に、なるほど。。。

ねじとねじ回しについて調べまわる経緯の説明が多く、読み物としてはやや退屈。

posted by K/I at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

レビュー:『著作権法概論』/ 本

タイトル:著作権法概論
著者:作花 文雄
吉田 大輔
出版社:放送大学教育振興会
寸法: 21 x 15 x 2 cm
シリーズ名:放送大学教材
出版年月日:2010年3月
評価:★★★☆☆


放送大学が集中放送授業期間なので、役に立ちそうな講座を片っ端から録音中。
そうしたら、さっそく仕事の役に立った。
タイミングよかった。

著作権、微妙で難しい。
改めてそう思う。

posted by K/I at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レビュー:『言葉と発想』/ 本

タイトル:言葉と発想
著者:伊藤 笏康
出版社:放送大学教育振興会
寸法: 21 x 15 x 2 cm
シリーズ名:放送大学教材
出版年月日:2011年3月
評価:★★★★☆


ほかの目的のために買ったのだけれど、これは語学学習者にとってよい教材だと思う。
高校生も一度読むとよさそう。

たとえば、must, have to, had better, ought to, should の違いについて、じつに明確にわかりやすく説明している。
had better がけっこう強い表現なのじゃないかと思っていたけれど、どう考えればよいのかよくわかった。

posted by K/I at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。