2013年11月24日

レビュー:『許されざる者』/ 映画

題名:許されざる者
原題:Unforgiven
製作:クリント・イーストウッド
監督:クリント・イーストウッド
脚本:デイヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
音楽:レニー・ニーハウス
出演:クリント・イーストウッド (ウィリアム・マニー)
ジーン・ハックマン (リトル・ビル・ダゲット (保安官))
モーガン・フリーマン (ネッド・ローガン (ウィルの旧友))
リチャード・ハリス (イングリッシュ・ボブ (賞金稼ぎ))
ジェームズ・ウールヴェット (スコフィールド・キッド (ウィルに懸賞金の話を持ち掛ける))
ソウル・ルビネック (W・W・ブーシャンプ (伝記作家))
フランシス・フィッシャー (ストロベリー・アリス (売春婦))
アンナ・トムソン (ディライラ・フィッツジェラルド (顔を切られた売春婦))
公開:1992年8月7日
製作国:アメリカ合衆国
評価:★★★★★

ただただ、カッコいい。
僕はこの映画でクリント・イーストウッドを知り、彼の大ファンになりました。

久しぶりに観返してみて、記憶とずいぶん違っていることにびっくり。
あれだけ衝撃を受けた作品だったのに、そんなものかな。

西部劇をリアリズムで描いている。
悪党をバタバタ打倒していくヒーロー的ガンマンなんてもう昔の話。
「伝説」として語られているだけ。
当人たちももはや昔の雄姿など見る影もなく、無様に豚を追いかけて泥まみれになっていたり、インディアン娘と結婚してつましく暮らしていたりする。
そんな彼らが、若造に誘われて賞金首目当てに繰り出していく。
傍目には滑稽にすら映るが、ただたた悲壮感漂う3人連れ。
こんな状況で賞金を手に入れることができるのか?と不安にまじりにわれわれ観客は見守るという映画。。。

posted by K/I at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。