2014年02月08日

2012年05月06日

トレーニングは必要か?

最近ずっと迷っていたこと:「トレーニングはすべきかどうか」

ふだん使いもしない筋肉をトレーニングすることは意外と無意味なのじゃないか、と思いまして。
人間、生活形態が変化していくわけだから、使わない筋肉はどんどん退化してしまえばいいじゃないかと。
たとえば自分の場合はパソコンに向かっているか、居酒屋で飲んでいるか、寝ているかしかしないので、その機能に特化した筋力だけ持っていれば人間として暮らしていけるじゃないですか。

先日、携帯用のヘアブラシを窓から落とし、あいにくブロック塀と建物の間に落ち込んでしまいました。
ブロック塀を乗り越えて入るしかないのですが、夜は不審者と思われそうなので今日になって取りに行きました。
そうしたら、乗り越えるのに体があがらないんですよ。
体重が重いのじゃなく (現在、58キロ)、腕の筋力が衰えてる。
じたばたとなんとかブロック塀にまたがりながら思いました。
「震災が起きたら、一瞬で死ぬな」
生き延びるためには、やっぱりトレーニングは必要だ、と実感したのでした。

ヘアブラシは無事回収しました。
その代わり手のひらは傷だらけです。
posted by K/I at 16:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

クレジットカード情報をください

珍しいくらいにあからさまにクレジットカード情報を取りに来たSPAMメールが到着したので披露します。
なにやらすごく懐かしい匂いを感じたので。

Subject: Attention: We determine that someone may be using your card without your permission !
From: Verified by Visa / Mastercard Secure Codes
To: ishikawa@sgk.gr.jp
Date: 16 Jun 2011 09:03:14 +0100

Your credit card has been suspended, because
we notice a problem on your card.

We determine that someone may be using your
card without your permission. For your
protection, we've suspended your
credit card.

Please download the attached form to reactivate your card,
And follow the proceedings indicate to update your
Credit Card.


Note: If not completed in June 25, 2011,
we will be forced to suspend your
card indfiniment because it
can be used for fraudulent use.


Thank you for your cooperation in this matter.


Thank you,
Service Client.


Copyright 1999-2011 Verified by Visa / MasterCard Secure Codes


なお、添付されていたフォームの action 先は http://66.172.17.201/suspended/reactivate.php でした。
posted by K/I at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

愛車との別れ

稲毛の友人から、震災被災地への支援物資を集めているという話を聞いた。
http://slowcomedy.exblog.jp/15144105/

うちに、ここ5年ばかり使っていない自転車があるので、それを使っていただくことを決心。
これはじつは、大きな「決心」だった。

※ここの部分は思い出話なので、ヒマを持て余している人だけどうぞ:


支援物資の一覧を見つめて思った。
あの自転車は今のように使われずに埃にまみれているより、こういうところで活用してもらうべきなのじゃないか。
もう25年も使っているけどポンコツじゃない。
力を入れてこぐときに少し軋む音がする程度。
最後にこういう役目を与えてあげたい。
そう思った。

4月2日午前11時、愛車にまたがり高田馬場を出発。
飯田橋あたりでぐるぐる迷いながらも、16時半に稲毛到着。
(蔵前橋通りに出るまでが大変だった)

途中で後輪タイヤの空気が抜けはじめたので、あわてて原木中山の自転車屋さんでタイヤ交換してもらった。
自転車屋さん (サイクルショップくさか) のおじさんは熱く語るタイプの人だった。
支援物資として送るのだと話したら、いろんな話をしてくれた。



「ウチの協会でも中古品を徹夜仕事で修理して昨日送ったばかり」なのだそうだ。
そして僕の自転車を見て、「部品がぜんぜん違う」と唸る。
僕がこの自転車を店に持ち込んだ時、「あっ、すごい自転車が来た」と思ったそうだ。
当時は今と比べ物にならないくらいいい部品を使っているという。
スポークなんか今では考えられない、ペダルもクランクのところからすごい、ちょっと見たところどこも悪くなっていない、これも、これも、これもすごい、とやや興奮気味にまくしたてる。
今の中国製部品を集めて作った自転車とは比べ物にならない、とベタ褒めだ。

こんなことも言っていた。
協会で自転車を送る際に、被災地でどんな自転車が必要かヒアリングしたそうだ。
こんな条件だったそうだ:
・タイヤが大きい (長時間乗っても疲れないように)
・ギアチェンジができる
・荷台がカゴではなく、キャリアに紐で括り付けられる (悪路で荷物が跳ね上がってしまう)
まさに条件にぴったりじゃないか!と言う。

この自転車なら、被災地でも今の粗悪品の自転車よりずっと長持ちするはずだと太鼓判を押してくれた。
褒めすぎだよなぁと思いながらも、かなり古い自転車なので、被災地で役に立つか心配だったからほっとした。

油もたっぷり差してくれて、修理代も少しおまけしてくれた。
タオルもくれた。
(タオルは支援物資に加えさせてもらった)



途中2度ほど転倒してしまったのだが (←自分にしては珍しい)、そのことは別途。

支援先への搬送を待つ自転車
この自転車の写真を見てあらためて思う。
僕はヤツの姿に惚れてたんだな。
かっこいいじゃん。
頑張ってこいよ。
posted by K/I at 23:11| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

東北地方太平洋沖地震 物資支援情報

食料品やその他支援物資を受け付けている団体の情報です。

【注意】現地自治体は物資の受け入れ態勢ができていない可能性が高く、個人がばらばらに送るより他の受け入れ団体を経由して送るのが良いようです。

【セカンドハーベスト】
・路上生活者を販売員とする雑誌「ビッグイシュー」を販売している会社
・震災被災者支援のための食料提供を募集
詳細: 被災地支援:セカンドハーベストへの募金・物資カンパのお願い

【J-Wave】
・FMラジオ局 J-Wave
・(株)ウインローダー/エコランド が受け入れ、支援先は調整中
・詳細: J-WAVE Heart to Heart つなげる、ココロ

【TBSラジオ】
・AMラジオ局 TBS
・ラジオやラジカセ (電池で聴けるもののみ) を被災地に送る
 壊れたものも可
・日時: 3月18日(金)〜 毎日午前10時から夕方4時まで
・場所: TBS放送センター前 赤坂サカス広場の特設会場
・詳細: 「被災地にあなたのラジオを」キャンペーン

※ほか、情報募集中!

【2011年3月82日 8時37分更新】
・J-Wave、TBSラジオの情報追加
posted by K/I at 05:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

夜の高田馬場

輪番停電を明日に控え、高田馬場の夜の街並みはどうなっているか、少し遠回りをして見てきた。

まずは、コンビニが看板の電気を落としていたのが印象的。
ただし、道端の立て看板は点けているところが多かった。
これが精一杯の頑張りなのだろう。

逆に、自動販売機の強烈な明るさが目立つ。
すぐそばにコンビニがあるのに、店内でも同じような物を買えそうな自販機がピカピカに光を放っている。
この光景には以前から違和感を感じていた。
お金の落ちる先が違うだろうから、仕方無いことなのかもしれない。

もう1つ気になったのは、明らかに営業していない建物の照明。
たとえば、専門学校がいつもどおりに道端の看板に照明を入れている。
posted by K/I at 00:19| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震 義捐金情報

【関連記事】
東北地方太平洋沖地震 物資支援情報
http://k-ishik2.seesaa.net/article/191041834.html

現時点での義損金受け入れ口をまとめてみました。

公的な団体への募金
 中央共同募金会
  ゆうちょ銀行 00170-6-518
  通信欄に「東北関東大震災義援金」と記入

 日本赤十字社
  ゆうちょ銀行 00140-8-507
  通信欄に「東北関東大震災義援金」と記入

 AMDA - 東北地方 太平洋沖地震・緊急支援活動 開始
  http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=129
  医療チームを派遣

 難民を助ける会 - 東北地方太平洋沖地震による被災者へ 緊急支援を開始します
  http://www.aarjapan.gr.jp/about/news/2011/0311_571.html
  被災地に職員を派遣し、支援活動

 ピースウィンズ・ジャパン - 東北地方太平洋沖地震緊急募金
  http://www.peace-winds.org/jp/support/donatenow.html
  被災者への支援活動を想定

 ジャパン・プラットフォーム - 東北地方太平洋沖地震:義援金受付開始しました
  http://japanplatform.org/scb/shop/shop.cgi?No=14&
  出動することを決定

 ジェン(JEN)- 東北地方太平洋沖地震緊急支援
  http://jenhp.cocolog-nifty.com/emergency/2011/03/post-57ac.html
  3月12日に調査員を派遣

 CANPANプロジェクト - 東北地方太平洋沖地震支援基金
  https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html
  地震の被害にあった皆さんを応援するための基金
  1口2,000円

TカードがありTログインID登録している場合
 TSUTAYA - 【緊急募金】東北地方太平洋沖地震
  http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88
  各都道府県の災害対策本部などを通じて、全額寄付
  保有するTポイントを1ポイント=1円換算で寄付

ソフトバンク携帯電話を使用している場合
 参考: 東北地方太平洋沖地震の被災地に対する義援金プロジェクトについて
    東北地方太平洋沖地震義援金プロジェクト
 白戸家のお父さんデジタルコンテンツ
  「Yahoo!ケータイ」トップページ→「お知らせ」→「東北地方太平洋沖地震義援金受付」
  デジタルコンテンツ購入により寄付 (105円、315円、525円より)
  ジャパン・プラットフォームを通して寄付

 ソフトバンクチャリティダイヤル (3月16日より開始予定)
  「*5577」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って該当の支援特番を選択
  チャリティダイヤル使用により寄付 
  ジャパン・プラットフォームを通して寄付

au携帯電話を使用している場合
 KDDI - 被災地支援 義援金サイト
  EZボタン → トップメニューまたはau one トップ → 災害用伝言板 → 被災地支援義援金サイト
  参考: 東北地方太平洋沖地震の影響について
  壁紙と待ち受けFlashの購入により寄付
  被災地支援団体(予定)に寄付の予定
  ※Android携帯 (IS03) からは、上記画面を確認できなかった

JCBカードを使用している場合
 参考: 震災に対するJCBカードでの義援金受付

 JCB - クレジットカードでの募金
  期間: 2011年5月10日(火)まで
  上記サイトで500円単位で5万円までクレジット決済で募金
  寄付先は日本赤十字

 JCB - Oki Dokiポイントでの募金
  期間: 2011年5月10日(火)まで
  200ポイントから
  ・MyJCBで「ポイントサービスの照会・応募」より「商品コース・ポイント数からのご応募」から応募
  または
  ・商品応募・カタログ請求ダイヤルに電話、商品番号「00190776」(JCB LINDA会員は00190777) で応募
  寄付先は日本赤十字

VISAカードを使用している場合
 参考: 東北地方太平洋沖地震緊急募金

 三井住友VISAカード - クレジットカードでの募金
  期間: 2011年5月31日(火)まで
  1,000円から最高50,000円まで1回払いでカード決済
  こちらから申し込み

 三井住友VISAカード - ワールドプレゼントのポイントでの募金
  期間: 2011年3月15日〜31日、4月16日〜5月31日
  ワールドプレゼント200ポイントを1口 (200ポイント=1,000円) とし、1口〜50口まで
  こちらから申し込み

セゾンカードを使用している場合
 クレディセゾン - 永久不滅ポイントによる義援金
  参考: 平成23年東北地方太平洋沖地震被災者への永久不滅ポイントによる義援金受付について (PDF)
  期間: 3月15日〜
  永久不滅ポイント100ポイントを500円とし、100ポイント単位で寄付 (99口まで)
  ・Netアンサーから
  または
  ・「セゾン永久不滅ポイント専用パーソナルアンサー」に電話
  寄付先は日本赤十字 (予定)

ビックネットポイントを持っている場合
 ビックカメラ - ビックネットポイント義援募金
  参考: ビックネットポイント義援募金:東北地方太平洋沖地震被害に対する支援を受け付けています。
  ビックネットポイントを1ポイント=1円として100ポイント単位で募金できる
  ※店舗のビックポイントしか無い場合はポイント共通利用手続きする
   (店舗に身分証明証を提出して「アクセスキー」を発行してもらう必要あり?)
  上記参考サイトのいちばん下にある「義援募金ポイント券」アイコン (100ポイント〜5,000ポイント) をクリックして手続き。
  寄付先は日本赤十字社

iPhoneを使用している場合
 SOFTBANK MBILE - ソフトバンク かんたん募金
  http://itunes.apple.com/jp/app/id414402515?mt=8
  期間: 2011年3月15日〜31日
  iPhoneアプリ (無料) から、国内外で生じた災害に対して簡単に寄付できる
  支払方法はクレジットカード、SoftBankマネーが選択できる
  寄付先はジャパン・プラットフォーム (災害によって寄付先は異なる)

Edyを持っている場合
 ビットワレット社 - Edy募金
  参考: 東北地方太平洋沖地震災害義援金宛てEdy募金
  期間: 2011年3月14日(月曜日)から2011年5月31日(火曜日)まで
  上記参考サイトから、1円単位で募金可能
  リーダーライター (Pasori等) またオサイフケータイのアプリで支払い
  寄付先は日本赤十字

Pontaを持っている場合
 LAWSON - Pontaポイント募金
  参考: 東北地方太平洋沖地震 Pontaポイント募金
  1、10、100、1,000、10,000Pontaポイント (1ポイント=1円) で募金可能
  ポイント特典申し込みサービスで、「東北地方太平洋沖地震義援金コース」を選ぶ
  ※寄付先は不明

楽天ポイントがある場合
 楽天 - 楽天スーパーポイントでの募金
  参考: 東北地方太平洋沖地震の被災者義援金について
  期間: 2011/03/18〜2011/05/31
  上記参考サイトから募金可能 (100円以上1円単位、1ポイント=1円)
  ※楽天カードでのクレジット払いも可能
  寄付先は日本赤十字社等支援団体・地方自治体等

航空マイルがある場合
 JAL - マイル寄付
  参考: 東北地方太平洋沖地震に関わる救援物資輸送、支援者搭乗協力、マイル寄付について
  期間: 2011年3月14日(月)〜
  1口7,500マイル (1マイル=1円) で寄付
  JALホームページの専用サイト、JMB(JALマイレージバンク)センター、日本地区会員事務局への電話
  寄付先は中央共同募金会

 ANA - 義援マイル
  参考: 東北地方太平洋沖地震被害に関わる当社の支援について
  期間: 2011年3月17日(木)〜4月15日(金)
  ANA SKY WEBで、10,000マイル単位で1マイル=1円換算で募金
  ※寄付先、用途は不明

はてなポイントがある場合
 はてな - はてな義援金窓口
  id:hatenacontrib2 にて、はてなポイントで寄付
  日本赤十字の義援金窓口に寄付される

@nifty ID / @niftyユーザー名を持っている場合
 @nifty Web募金
  http://donation.nifty.com/tokusetsu/
  募金するとオリジナル壁紙をダウンロードできる。
  募金先は現在調整中
  金額は525円〜1万500円の5段階から選べる。
  支払方法は、
  ・@niftyに登録したクレジットカード
  ・WebMoney
  ・Edyカード
  ・Edyケータイ
  ・BitCash
  ・G-MONEY
  が利用可能。
 ※@niftyのプロバイダ契約が無くても利用可能

gooIDがある場合
 goo募金
  http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/
  壁紙コンテンツの購入で募金
  各都道府県が設置する災害対策本部などを通じて被災者に寄付
  募金額は100円、500円、1,000円、5,000円、10,000円から選べる。
  支払方法は
  ・クレジットカード
  ・ちょコム
  ・楽天銀行
  が可能

Yahoo!ウォレットを使えるまたはYahoo!ポイントがある場合
 Yahoo!ボランティア
  http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
  オリジナル壁紙の購入 (1口500円)、またはYahoo!ポイントで募金
  募金先は不明

mixiアカウントがある場合
 支援ミクコレ
  http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1284
  50pt (=50円) にmixiが50円を加算し、合計100円として募金
  売上を救援や復興活動に寄付 (寄付先は日本赤十字社を予定)

Groupon
 http://www.groupon.jp/cid/7995
 1口200円で400円日本赤十字に募金 (200円分はGrouponが負担)

ひがわり会員登録している場合
 (株)ひがわり - 東北地方太平洋沖地震 募金のお願い
  http://www.higawari.co.jp/tokyo/
  1口200円でチケットを購入することで募金できる (発行されるチケットは利用不可)
  日本赤十字社、中央共同募金会に全額寄付予定

なお、受け入れ企業経由で支援団体に寄付される場合は、領収書は発行されないようです。
寄付控除を受ける場合は、支援団体に直接寄付するとよさそうです。


【2011年3月12日 11時50分更新】
・AMDA、難民を助ける会、ピースウィンズ・ジャパン、ジャパン・プラットフォーム、ジェンの情報追加
【2011年3月12日 11時55分更新】
・CANPANプロジェクトの情報追加
【2011年3月12日 14時35分更新】
・goo募金、mixiの情報追加
【2011年3月12日 15時25分更新】
・TSUTAYAの情報追加
・寄付控除についての注記追加
【2011年3月13日 2時55分更新】
・ソフトバンクモバイルとauの情報追加
【2011年3月13日 11時30分更新】
・ひがわりの情報追加
【2011年3月13日 21時15分更新】
・はてなの情報追加
【2011年3月14日 14時45分更新】
・中央共同募金会、日本赤十字社の情報追加
【2011年3月14日 16時24分更新】
・ANAの情報追加
【2011年3月17日 5時50分更新】
・ソフトバンク かんたん募金の情報追加
【2011年3月19日 8時08分更新】
・JAL、Edy、Ponta、JCB、VISA、クレディセゾン、ビックカメラの情報追加
【2011年3月19日 16時26分更新】
・楽天の情報追加
posted by K/I at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

健康状況メモ(11/17)

今日の体調:

・咳、痰
右側の鼻水が黄色く、異臭
歩行時、時おり鼻の奥にずきずきとした痛み
右の頬骨の下の腺が腫れているような感触
 押すと痛み

 右頬骨と鼻の間あたりに軽い腫れ
鈍い頭痛

10日くらい前から症状は軽くなってきていた。
昨日から咳以外の症状はほとんど無くなった。
posted by K/I at 01:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

健康状況メモ(10/16)

今日の体調:

・咳、痰
・右側の鼻水が黄色く、異臭
・歩行時、時おり鼻の奥にずきずきとした痛み
・右の頬骨の下の腺が腫れているような感触
 押すと痛み
・鈍い頭痛
posted by K/I at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

預金通帳紛失。。。

銀行ATMに預金通帳を忘れてきてしまった。
昼過ぎにATMに寄り、喫茶店で仕事を片付け、家に帰りついて鞄を開けたときに気付いた。

すでに4時をまわっていたから、置き忘れてから3時間くらい経っている。
あわててATMに戻ってみたが、やはり無い。
ATMには通帳のカバーだけ置きっぱなしになっていた。
ここに置き忘れたことは確実だ (ふだんの習慣で、中身だけ持ち帰ることはありえない)。

備え付けの電話で銀行に連絡してみるが、「管轄の池袋支店に届くことになっているので、わからない」とのこと。
翌営業日に届くはずだから、直接問い合わせるように言われた。
翌営業日というと月曜だ。
口座を停止することを勧められたが、この口座は明日も使う予定があるためそれはできない。

すぐそばの交番に行ってみる。
遺失物届に記入する。
この1年で何度書いただろう?
結局、預金通帳は届けられていないことが判明。

残高を見た限りでは引き出されてはいない。
通帳だけだから通常は引き出しはできないはずだが、念のため予防措置をとる。
カードで引き出せる限度額 (50万円) を引き出す。
定期預金を担保にカードローンを契約してあるので、その分も含めてできる限り出金し、空っぽにしておかないといけない。
明日も明後日も限度額を引き出す予定。
さらに振込限度額を引き上げ、日曜のうちに母親のところに振込処理しておく (同じ銀行の同じ支店なので手数料0円のはず)。
振込限度額の引き上げは、2日後にならないと反映されないらしいので、ぎりぎり間に合った。
これで月曜の朝の時点で、口座はほぼ空になるはず。

あとは、どんな対処をすればいいんだろう?
月曜日、銀行に行って相談してみよう。

この忙しいときに、やっかいなことをしてしまった。。。

【10月18日追記】
結局、通帳は銀行に届いていた。
綜合警備保障の人が届けてくれたそうだ。
よかった。
さっそく、今日受け取ってきた。
何事もなくて良かった。
posted by K/I at 22:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

Einstein@Home プロジェクトからのメール

Einstein@Home プロジェクトからパルサー発見報告メールが届いたので、全文引用。
おめでとうございます。
Dear Einstein@Home volunteer,

I want to share some good news with you.

For more than a year, Einstein@Home has been using about
one-third of the available computer time to search for radio
pulsars in data from the Arecibo Observatory. I'm happy to report
that we found our first radio pulsar last month: PSR J2007+2722.
It is still not sure, but this appears to be a rare type of object
called a Disrupted Recycled Pulsar. The discovery was published
on-line by the journal Science, on Thursday August 12th.

Congratulations to our volunteers Chris and Helen Colvin (Ames, Iowa,
USA) and Daniel Gebhardt (Universitaet Mainz, Musikinformatik, German),
whose computers discovered the pulsar with the highest significance!

Further details of this first Einstein@Home discovery may be found
in the main news item posted on the Einstein@Home web site, at
http://einstein.phys.uwm.edu/ . You can also use Google News
and similar searches, with keywords like 'pulsar' or 'J2007+2722'
or 'Einstein@Home' to find recent news articles about the
discovery, in English, German, French, Spanish, Russian and other
languages.

So far, Einstein@Home has only analyzed about half of the Arecibo data
set. Due to improvements in the instrumentation, the more recent data
is better-quality than the older data, so I am sure there are other
interesting objects to be discovered!

If you have trouble getting Einstein@Home to run, you may search
our user forums for help (http://einstein.phys.uwm.edu/forum_index.php)
or post a message asking for assistance in the "Getting Started" forum
at http://einstein.phys.uwm.edu/forum_forum.php?id=5

Sincerely,
Bruce Allen
Director, Einstein@Home

PS: Our records indicate that your participation in Einstein@Home
may have lapsed. Please consider running Einstein@Home again.
If you dropped out because of technical problems,
installing a newer version of BOINC (available at our website
http://einstein.phys.uwm.edu/) might resolve these.

じつは、ここしばらく Einstein@Home プロジェクトには PC 資源を提供していなかった。
だからこのメールが届いたのかも?
(使っている iMac が重いので、今は SETI@home だけ実行)
posted by K/I at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

昔の街

昔、住んだ町を訪れた。
昔といってもそれほど以前のことではない。
10年も経ってはいない。
たぶん、5年ちょっと前までは、その街とかかわっていた。
でも、振り返ってみると、遠い昔のようにしか思い出せない。

あの時期が、僕に訪れてきたかなり遅い青春時代だったのかもしれない。
僕はその時代を全力で駆け抜け、敗れ去った。
青春は、負けるために突き進むのだ。

短い駅前通りを歩き、右折する。
すでに少し飲んでいたから、呑み助の心持で街を眺める。
あの店、この店。
営々と昔ながらにやっている店、ぜんぜん別の看板にかけかわった店。
昔のままの看板なのに営業していないのは、まだ時刻が早いからだろうか。
それとも看板を掲げたままに立ち枯れてしまったのだろうか。

さらに道を曲がり、懐かしい通りを駅に戻って歩く。
昔とまったく変わらぬ庭先の花々。
その隣には見慣れぬアパートや、ドラッグストアが建っていたりするのも感慨深い。
僕が住まっていた家の辺りにさしかかると、そこには懐かしい町の人たちが行き来している。
僕は以前とまったく違った装いをしているから、ほとんど気付かれぬはずなのだが、僕とわかった人もいたようだ。
もともと親しく話したことのない人だったから、言葉も交わさずにすれ違う。
急にあの時代に気持ちが遡る。
そして僕の家の前を通り過ぎる。
庭に花の鉢が置いてある。
もうここは、僕の家ではないのだ。

近くて遠い昔の街。
さよなら。
また、いつか来るよ。
posted by K/I at 20:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

不合理な昔話「山男の手袋」

NHKラジオ第2で、「山男の手袋」という話をやっていた。
日本の昔話だ (松谷みよ子再話)。

木こりが仕事にくたびれて「ふぁー」とあくびすると、巨大な山男がぬーっと現れ、あくびしたのは誰だと問う。
木こりが自分だと答えると、「娘があったらもらわねばなんね」と木こりの長女を奪っていく。

山男は、娘としばらく暮らした後のある日、どこかに出かけていく。
出がけに娘に言う。
「俺が戻って来る間にこの手袋を飲め。飲まねば命は無いと思え。それから鍵のかかった部屋は決して開けてはならね」
山男が出かけてしまうと、娘は山男のばかでかい手袋を飲むことなどできず、やむなく床下に放り込む。
そして鍵のかかった部屋を開けてみる。
1つ目の部屋は宝物がぎっしり詰まっている。
2つ目の部屋には人骨がうず高く積み上げられている。
娘は恐怖のあまり部屋の戸を締める。

山男が帰り、娘に尋ねる。
「あの手袋、飲んだか」
「飲んだ。。。」娘はおびえながら答える。
山男は、「手袋、出てこー、出てこー!」と呼ぶと、床下から「はーい」という声。
山男は「嘘つき娘め」と娘を煮て食ってしまう。

またある日、木こりは仕事の合間に山男に嫁いだ長女のことを思いながらふわーっとあくびする。
するとまた山男が現れ、「娘があったらもらわねばなんね」と次女を連れ去る。
この次女も手袋を飲めずに屋根の上に放り上げ、同じく煮て食われてしまう。

末の娘も木こりのあくびのために山男に連れ去られる。
末の娘も手袋を飲めずに困惑するが、骨の積み上げられた部屋に人影があることに気づき、部屋のなかに入っていく。
そこには傷を負った侍が倒れている。
侍に手袋を飲む方法を尋ねると「小さく刻んで臼で挽き、粉にして飲め」と教えてくれる。

山男が帰り、娘が「手袋、飲んだ」と答えるので「手袋、出てこー」と呼びかける。
すると、娘の腹の中から「はーい」という答え。
山男は、「あの手袋を飲んだのか! あの手袋は俺の、俺の、俺の。。。」と涙を流す。
そこにあの侍が飛び出して来て、山男は切られて死ぬ。
末の娘と侍は、宝を持ち帰り幸せに暮らす。

こんな話だ。
こういう昔話、大好きだ。
山男の「あの手袋は俺の…」の後が何だったのか、想像をかき立てられる。
そして、あの涙。
あれはいったい、うれしい涙なのか悲しい涙なのか。。。
posted by K/I at 10:09| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

修理代金のお見積額

前回 (悲劇は突然やってくる) の続き。

ヒンジ部分が破損したネットPC、Bicカメラの新品交換の保証を入れておかなかったみたいだ。
たいてい入れているのだが。

通常保証では物理破損は保証外。

メーカー直接場合、
・修理工賃1.5万円
・ケースが3つの部分に分かれていてそれぞれ8000円
・液晶が3万円くらい
見てもらわないと分からないが、最低23,000円、最悪6万円を超える。
購入価格4万5000円だったから、購入価格を超える可能性もある。

10月末に購入したから3か月くらい使っている。
その分の役割は十分果たしたと思うが、まだまだきれいなので棄てるのはしのびない。
posted by K/I at 15:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

悲劇は突然やってくる

Net PCクラッシュ #1

Net PCクラッシュ #2

Net PCクラッシュ #3

ケシャッ、といういやーな音がしました。
どうしよう。。。
posted by K/I at 13:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

盛況御礼

同じSeesaaでやっているIT系のブログ「賢者の漬け物石」へのアクセス数が、この数日ふだんより1〜2割くらい増えています。
多数のアクセスありがとうございます。

Seesaaランキングで、ひさしぶりに2,000位以内にランクインしました。
(アクセス増となったきっかけは不明)
posted by K/I at 15:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

おくればせながら

2010_gasho.gif
2010_tora.gif
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

あとから、あとから、ぼろぼろとご挨拶し忘れ先が出てきているので、結局ブログにてもご挨拶させていただくことにしました。
すでにご挨拶お送りした方もあり、煩わしくすみませんが。


昨年は、部屋のトラブル、税金のトラブル、その他個人的なトラブルに見舞われ、いったい何をしているかよくわからぬままに過ぎた1年でした。
ご迷惑をおかけした方々にはこの場をお借りして、お詫びと、温かく接してくださったことへの御礼を申し上げます。
また、メールやブログへのコメントや口頭などで、声をかけてくださったみなさまに感謝いたします。

年も改まりましたので、気を取り直していきたいと思っています。
特に今年は新たな業務展開を考えており、昨年まともに仕事できなかった分を取り返していきたいと思います。
このブログあるいは別の形で、折に触れてご報告させて頂きます。

今年がみなさまにとってすばらしい1年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

庚寅 正月
posted by K/I at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

車内通話禁止

昼過ぎにシャワーを浴びてすっきりしたら、外で仕事したくなった。
気の向くままに、小田原方面へ行ってみる。
町田あたりから電車の中は人も少なくなり、車内で悠々と仕事ができる。

なんとなく新松田で降りる。
駅そばを食べ、そのまま戻ってくる。

新松田を出てすぐ、お客さんから電話がかかってきた。
今、電車の中なので後ほど折り返します、と切ろうとするが相手がなかなか切ってくれない。
数分だけというので、参ったなと思っていると、すぐそばに男が立っている。
何をしている、電話を切れ、それがマナーだ、と凄みのある声である。
「お客さんからの電話なので、少し待ってください。切りますから」
電話口でそう伝えようとすると、男は手を伸ばしてきて携帯電話を奪おうとする。
僕は左手でそれを防ぎながら、相手に折り返すことを伝えようとするのだが、男は執拗に手を出してくるのでままならない。
おい、切らないと殴るぞ。
男が軽く殴る構えをしたので、ようやく隙ができた。
相手に「いったん切ります」と伝え、電話を切った。

目の前に立っているのは初老のがっしりした男だ。
電車の中で電話をするのはマナー違反だ、ペースメーカーをしている人の命を奪うことになるぞ、と説教である。
僕はただ素直に「申し訳ありません」と答える。
実際には素直に詫びているわけではなかった。
何年も前に夜中の電車の中で見かけた光景を思い出していた。

数人しか乗っていないガラガラの列車の中だった。
携帯電話で話しはじめた若い男に「電車の中で電話するのは迷惑でしょ」と甲高い声で文句を言ったお婆さんがいたのだった。
お婆さんは列車の端のほうの座席に座っていたのだが、若い男のいる中央あたりまでさっと駆け寄り、若い男の前で勝ち誇ったように仁王立ちしていた。
その姿を思い出しながら、男の言葉にいちいちうなづいた。
初老の男の言葉はぞんざいで荒かったが、あのお婆さんと違って冷静だった。
ひととおりの苦情を伝え終えると、もともと座っていた斜め向かいの座席に戻っていった。

僕はお客さんに詫びのメールを送り、初老の男のほうに目をやった。
男は手帳に何か書いているようだった。
その様子は、とても分別のある人のように思えた。
かなり気は短そうだが、理性的な人間なのではないか。
何か理由があるのではないか。
それで、ちょっと話を聞いてみることにした。

初老の男の隣に座り、「先ほどは申し訳ありませんでした」と改めて詫びた。
男は財布を取り出し、身体障害者手帳を見せた。2級だ。
よく歩いているものだ。
ペースメーカーをつけているのだという。
「お前も人の親だろう」
「ええ。。。いちおう」
「殺人になってしまうからな。マナーは守らないといけねぇ」
つまり、携帯電話の電磁波でペースメーカーをつけた人の命を奪ってしまうことになりかねない、と言いたいのだ。
30センチ程度、というのは嘘だ、とも言った。
携帯電話の電磁波の影響範囲のことだ。
(離れた座席からわざわざ苦情を言い立てたことを正当化する意図ともとれた)
さっきの必死の抗議はそういうことだったのだと、納得できたような気がした。

男は最後には歯を見せて、「気が短いからな、すぐ喧嘩するんだ」とゴツゴツした拳を見せた。
僕もつられて笑った。
僕はもとの席に戻り、仕事を再開した。
男は次の駅で降りて行った。
僕のすぐ横を通る時、「ありがとうな」と声をかけて行った。
理解してくれてありがとう、という意味だと思った。
僕も「ありがとうございました」と答えた。

ありがとうございましたと言いながら、ちっとも申し訳ない気持ちが湧いてこないのでちょっと複雑な気持ちだ。
これはきっと、さっきの初老の男があまりにも元気に歩いたからだろうと思う。

携帯電話やPCの電源を切るのは難しそうだから、優先席にはあまり近づかないようにしてみようか。
posted by K/I at 23:20| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実在していたとは。。。

スベスベマンジュウガニ、まさか実在のものとは思わなかった。
しかも有毒。
沖永良部島ガイド:スベスベマンジュウガ二
http://umigame44.ti-da.net/e2718021.html
カニ味噌は食べられるんだろうか。

以前書いた記事:
『気になってしかたがない』
http://k-ishik2.seesaa.net/article/111593220.html
タグ:カニ
posted by K/I at 00:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

雑記

狂気が足りない。
かつては確かにあったあの感触が戻ってこない。

これは、競売騒動の中で意欲喪失状態になってからだ。
あれがこんなにも、ショックを与える事件だったとは、自分でも意外なことだ。
根無し草のように転居を繰り返してきた自分にも、住居という寄る辺を奪われるということがいかにたいへんなことだったか。
それを知らされた。
貴重な体験だった。

完全復調するのはいつになるのか。
なにかのきっかけがほしいところだが。
posted by K/I at 12:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。